みんな知ってる?ヒノキについて

投稿日:2017.06.05
カテゴリ:【紹介

針葉樹の中でも人工林に特定すると、七二会に多いのはカラマツとスギの木です。

量は多くありませんが、七二会の森林を歩いているとヒノキに出合うこともあります。

伐ると香りの良いのが特徴です。お風呂に入れると、ヒノキ風呂として楽しめます。

葉っぱは、クラフトとして楽しんでも良いと思います。

作りてによって変わります。

ヒノキだけだと、寂しいので木曽五木「ヒノキ・サワラ・アスナロ・ネズコ(クロベ)・コウヤマキ」の見分け方について記載します。

木曽五木とは

木曽五木とは、江戸時代に尾張藩により伐採が禁止された木曽谷の木のことです。

ヒノキ・サワラ・アスナロ・ネズコ(クロベ)・コウヤマキの五種類の常緑針葉樹林のことを指します。

ヒノキ

こんな針葉樹があって

20160706r00

近づくと、ヒノキがありました。ヒノキは伐倒し、クラフト工房に使用したこともあります。

ご縁があったので親しみがもてます。

20160706r01

ヒノキの木肌です。

20160706r03

葉の裏側を良く見ると特徴があります。

白い部分が気孔 です。気孔とは葉が呼吸する部分。

Yの字になっているのが特徴です。

20160706r04

サワラ

ぱっとみて、ヒノキと思ってしまうのがサワラです。

木をグーで殴るとわかります。サワラは、ヒノキに比べて柔らかいです。殴ってカタイっと思えばヒノキ。

殴って柔らかいと感じたらサワラです。大木になると専門家でもヒノキと区別がつかないことあるとのこと。

20160706r05

サワラは、葉の裏を見ると蝶のように見えます。

20160706r06

アスナロ

こちらも、裂け幅がヒノキよりも細かいですね。サワラに比べて斜めの線が入っていますね。

20160706r07

葉の裏は、気孔で真っ白です。

20160706r08

ネズコ(クロベ)

ネズコ(クロベ)を紹介しましょう。

丸みがあって、葉の裏が白くないです。

20160706r09

アスナロとよく似ています。やや赤みがあるように感じます。

20160706r10

コウヤマキ

ずっとヒノキ科を紹介していたのですが、最後は、コウヤマキ科のコウヤマキです。

すこしガサガサしていますね。

20160706r12

葉は、こんな感じです。

20160706r11

サワラは、お近くの信里で

信里に、市指定記念物として「サワラとヒヨクヒバのキメラ」があります。

詳しくは、『サワラとヒヨクヒバのキメラ | 長野市文化財データベース』を参照ください。

車で15分と比較的近い所にありますので、見てみたいと思いました。

地図

次の記事


前の記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

七二会を知る

位置情報

地名のおこり

名所紹介

七二会住自協とは

そもそも「住民自治協議会」とは

住民自治協議会だより

会則

組織図

役員・評議委員・顧問・相談役

七二会関連リンク

七二会支所 - 長野市ホームページ

七二会小学校 - 長野市教育委員会

七二会中学校 - 長野市教育委員会

長野市商工会七二会支所

各種様式ダウンロード

各種様式ダウンロード

薪販売

暖炉・薪ストーブ用 薪 販売