西山大豆を使って豆腐づくり

投稿日:2018.01.15
カテゴリ:【紹介

七二会と言えば西山大豆』が有名です。今年は、12kg収穫して正月に家族3世代で分けました。

あとは豆腐など、いろんな物に加工をして楽しみます。

 

豆を24時間ほど水につけると2倍以上に大きくなります。

 

豆をミキサーにかけて生呉(なまご)にしたあと、沸騰したお湯にやさしく入れます。

豆をミキサーで砕いたものを呉(ご)といいます。茹でる前の呉を生呉と言います。

 

生呉を15分ほど加熱すると煮呉(にご)になります。

 

煮呉を搾ります。出来たのが豆乳です。70度~75度の間に苦汁(にがり)を投入するため温度を計っています。

 

布巾に残ったのがオカラです。

 

豆乳ににがりをいれて固まったら型にいれます。

 

無事出来上がりました。

 

素人が作ったので職人が作った豆腐に比べると、舌触りの滑らかさが足りないですが、豆本来の甘さを楽しむことが出来ました。

次の記事


前の記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

七二会を知る

位置情報

地名のおこり

名所紹介

七二会住自協とは

そもそも「住民自治協議会」とは

住民自治協議会だより

会則

組織図

役員・評議委員・顧問・相談役

七二会関連リンク

七二会支所 - 長野市ホームページ

七二会小学校 - 長野市教育委員会

七二会中学校 - 長野市教育委員会

長野市商工会七二会支所

各種様式ダウンロード

各種様式ダウンロード

薪販売

暖炉・薪ストーブ用 薪 販売